2012年3月23日

クリオネ

先日いつもご来店いただいているお客様のお店、日本料理「かぎや」さんに家族で食事に行きました。
まだ数回しかお邪魔していないのですが、料理はとても美味しく一口食べると思わず笑顔になってしまいます。
お店は落ち着いた雰囲気で店主の丁寧で繊細な料理と笑顔で話しかけてくれる女将さんに、ついつい長居をしてしまいます。
そんな「かぎや」さんで、なんとクリオネをいただいてしまいました。
正直見せられた時は「???んー? クリオネ・・・えー!」こんな感じでかなり意表を突かれた感じです。
何度か水族館で見たことはありますが、目の前の小さなビンの中でパタパタしている姿は感動ものでした!!  「かぎや」さん、ありがとうございました。

クリオネは「クリオネ・リマキナ」「和名ハダカカメガイ」と言い貝殻を持っていないけど巻貝の仲間だそうです。
北極圏から流氷と共にオホーツク海沿岸にやって来るそうで、翼足といわれる足をパタパタさせながら遊泳しているそうです。
その姿が羽根を広げた天使のようで「流氷の天使」「流氷の妖精」と呼ばれているそうです。

 
 
ホームページ制作はオールインターネット